カバーアルバム

1月27日(水)

MotherのアレンジCD、ついに発売。
さっそく入手しました。

聴いてみた感想は、
「作曲者によるMotherのカバーアルバムだな」、
ということでした。

鈴木慶一さんが全部の歌を歌っているので変化が欲しくなったり、
ちょっとこのアレンジは原曲の雰囲気とは違うな、というところが多々ありましたが、
作曲者のカバーアルバム、ということで全て収まってしまいます。

カバーアルバムとして聴いてみると、こういうアレンジもありかな、と思うのですが、
同時に原盤は良いアレンジアルバムなんだな、と改めて思いました。
ゲームの雰囲気にぴったりで何度も聴いても飽きないところなど。

スマブラやピッコリーのでMotherの曲が出てくるので、
息子と楽しく聞けるのが良いことです。

MOTHER MUSIC REVISITED〔CD通常盤〕 - 鈴木慶一
MOTHER MUSIC REVISITED〔CD通常盤〕 - 鈴木慶一

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ra
2021年01月29日 00:03
同感です。

ゲームよりのアレンジは
前アルバムで完璧に完結してますから
作曲者よりに戻す方向は正解でしょう。

最初聴いた時はえー!?と思いましたが
何度か聴いてたら馴染んできました。
実にマニアックなアルバムです…
じゅ
2021年01月29日 20:35
まさに、raさんの言う通り。
私も最初に聞いたときは「コレジャナイ感」がありましたが、繰り返し聞いていると鈴木慶一の渋い声にはまってきます。
またファミコンのマザーやりたくなりました。
Switchでダウンロードできれば良いのに。